シングルマザーカフェ

人事担当者であり2回の離婚を経験したシングルマザーが暮らしに役立つ情報をお届けします

シングルマザーのUR賃貸への引っ越し②~内覧編~

f:id:crea-kosodate:20180731081234j:plain

こんにちは、creaです。

前回の記事で、引っ越しをすることになった理由を書きました。

 

www.crea02.com

 

ママ友のすすめでUR賃貸を見に行くことになった訳ですが、実は内覧をするためには、申し込みをする必要があります。

本申込ではなく、仮申し込みという感じです。

 

UR賃貸の申込ステップ

f:id:crea-kosodate:20180731081033j:plain

①部屋を探す

②申込資格を確認する

③仮申込

④内覧

⑤本申込

⑥契約

⑦入居

 

・・・結構しっかりとした決まり事があるんですよね。

この辺は民間と違います。

ちなみに、URとは都市再生機構の英語略称なんです。

昔の公団ですね。

 

上の流れからも分かるように、部屋を見たければまず仮申込が必要です。

仮申込はURの管理事務所でできますから、直接管理事務所に出向いて「内覧したい」旨を伝えればOKでした。

 

あくまでも仮申込なので、部屋を見て気に入らなかったら、辞退すれば大丈夫です。

 

仮申込から内覧まで

f:id:crea-kosodate:20180731081103j:plain

お部屋は、インターネットで検索することができます。

電話で確認したところ、全ての部屋を掲載しているとのことでした。

この時に、間取りを確認し、実際の写真が掲載してある部屋もあるので、良く見ておきました。

 

そして、実際にURの管理事務所に行きます。

平日は午前中だけなので、仕事が休みの土曜日にしました。

土曜日は朝から夕方まで管理事務所がやっているので、行きやすいんですよね。

 

仮申込はとても簡単な書類で、少し書くだけで済みます。

希望の部屋を伝えると、内覧ができるのは1ヶ月後。

まだ清掃が入っていないんでしょうね。

 

ちなみに、インターネットにも内覧予定日が掲載されていましたが、これは常に変動するので、お部屋が見れる状態であれば見せて頂けます。

なので、その日は仮申込をした部屋以外の部屋を2箇所見せて頂けました。

 

以前、別の地域でURの内覧をした時は、係りの方も一緒についてこられたのですが、ここのURは鍵を渡され、自分で自由に見れるのでなかなか良かったです。

団地なのでとても広く、部屋を探すのも一苦労ですけどね(笑

  

実際の部屋の印象

f:id:crea-kosodate:20180731211928j:plain

初めに見せてもらったのが、5階の部屋。

5階ってしんどそうに思うでしょう?

 

でも、団地って、1階分の階段が少ないんですよ。

なので、イメージ的には通常のマンションの3階分程度だと思います。

お年寄りだと厳しいと思いますが、子供や私達であればちょっとした運動になって良い感じでした。

さすがに、忘れ物を連発して階段を往復するとしんどいと思いますけどね(笑

 

さて、ドアを開けた瞬間、思わず「わぁ~!^^」と声が出ました。

・・・予想と全然違ったからです。

真っ白な壁と新築のようなフローリングが広がっていました。

 

その時たまたま見せて頂いた部屋と言うのが、キッチンと洋室の壁を取り払い、今風にリノベーションしたお部屋だったんです。

この部屋がなかなかのものでして。。。

 

棚が備え付けられていました。

ちょうど、子供の勉強机に変身させられそうな棚が。。。

ここにイスとそで机を置けば、普通に勉強机になりますね。

まもなく小学生になるので、勉強机を買おうと思っていたんですが、これなら当面いらない感じです。

ちょうど良いスペースになっているので、普通に子供部屋にできそうです。

 

団地と言えば、小さな部屋が沢山あるイメージだったのですが、壁を取り払ったことでダイニングスペースも広くなっているんですよね。

キッチンも大きいものが備え付けられていました。

 

お風呂だって、追い炊きがついていますよ。

この築年数では絶対に有り得ません。

・・・築40年は経過していますからね。

 

1ヶ月後の内覧日

f:id:crea-kosodate:20180731212049j:plain

空き部屋を見せて頂いてから1ヶ月後、私が申し込んだお部屋の内覧日がやってきました。

前回同様、内覧セットの袋を渡されました。

・・・スリッパや懐中電灯や部屋の鍵が入った袋です。 (自分で勝手に内覧するので)

不思議なことに、鍵は一つなんです。

どの部屋でも、その鍵一つでドアが開くんですよ。

もちろん、実際入居する際は、きちんとした鍵に付け替えてもらえるんですけどね。

 

この日も、前回見せてもらった部屋をもう一度見たいとお願いし、合計3部屋の内覧となりました。

①一つ目のお部屋・・・前回見せてもらったリノベーションの部屋

②二つ目のお部屋・・・①と同じ間取りで、棚がない部屋(私が子供部屋にしようとしている空間)

③三つ目のお部屋・・・仮申込をしている部屋(昔ながらの団地っぽい間取り)

 

でも、やっぱり一番最初に見せてもらった①のリノベーションのお部屋が素敵ですね。

第一印象って大切。

・・・というか、この部屋の全てが素敵!というくらいに気に入ってしまいました。

 

URの家賃

この地域だと、大体5万~7万円弱(共益費込)です。

URは全国にあり、高い物件だと普通に10万円を超えるものもあります。

家賃自体は、地域の相場に合わせてありますので、極端に高かったり低かったりはしません。

ただ、この築年数でいえば、おそらくURの方が若干高いです。

 

さて、気に入ったお部屋が見つかったら、ここからが問題。

シングルマザーの壁です。

毎月の家賃の支払いがOKであったとしても、問題は入居するための「申込資格」があるかどうかなんです。

 

申込者本人の平均月収額が基準月収額以上あること

 

この基準月収額がいくらかと言うと、家賃額の4倍なんです。 (一定額以上は固定)

・・・つまり、6万円の家賃の部屋だと、基準額は24万円です。

シングルマザーでこの基準額をクリアするのは大変でしょう?

 

ちなみに私もクリアできません。

20万円程度しかありませんから。。。

 

それでも、どうしても私のように少ない家賃で綺麗な部屋に住みたい場合、選択肢としてはUR賃貸が一番適しています。

では、どうするか?

 

・・・実は方法があるんです。

それはまた次回、「申込資格を突破する方法編」で。

 

www.crea02.com