シングルマザーカフェ

人事担当者であり2回の離婚を経験したシングルマザーが暮らしに役立つ情報をお届けします

東条湖おもちゃ王国のプールへ行こう!~2018年から新キッズエリア「ちゃいぷ」ができました~

f:id:crea-kosodate:20180720082044j:plain

こんにちは、creaです。

梅雨が終わった途端、セミが鳴き始めましたね。

夏と言えば・・・、子供達はプールです。

保育園のプールでも喜んでいますけどね、やはり親としては大きなプールに連れて行ってやりたいですよね。

年長になっても顔に水をつけるのを嫌がる子供もいますので、早くから水に慣れさせる必要性は感じます。

 

さて、いつもは地元のプール中心なのですが、今回は高速を走り「東条湖おもちゃ王国」のプールに行ってきました。

 

営業期間と営業時間

ここは、小さな子供向けのテーマパークなんです。

未就学児でも十分に遊べる内容になっていて、宿泊もできるようになっています。

夏期の間だけ、プールがあるんですね。

 

<営業期間>

2018年6月30日(土)~9月9日(日)

・・・屋外のプールにしては、結構営業期間が長いですよね。

夏休みに入る前の期間が狙い目です。

ちなみに、今年から新しくできた小学生以下向けの「ちゃいぷ」は、9月2日(日)までとなっていますので、注意が必要です。

 

 <営業時間>

✿平日 10:00~17:00

✿土日祝 9:30~17:00

土日祝は、開始時間が30分早まります。

 

ただし、夏休み中は以下の通り時間が変更になります。

<7/21~8/31>

✿平日  9:30~17:00

✿土日祝 9:30~17:30

 

※休園日:毎週木曜日です(ただし、夏期は休まず営業

プール期間中の休園日は気にしなくて良さそうですね。

 

料金について

<2018年4月現在>

f:id:crea-kosodate:20180717075042j:plain

✿入園券:大人(中学生以上)、小人(2歳~小学生)

✿フリーパス:大人(中学生以上)、小人(3歳~小学生)

 

沢山種類がありますが、通常プールの場合は、「プールセット」を購入すればOKです。

プールセットは、入園券とプール入場がセットになったもの。

別々で購入するより当然お得になります。

ちなみに、プールの後に遊園地も楽しみたい!という体力のある方は、サマーフリーパスを購入すれば良いと思いますが、どうでしょうね。。。

 

我が家の場合は、プールの後、入り口付近にある「迷路」をやりたがっていたので、フリーパスは買わず、迷路のチケットだけ購入しました。(一人500円)

乗り物を存分に楽しみたい!ということでなければ、乗り物券を券売機で普通に買われても良いかも知れません。

 

お得なクーポンを利用して安く利用する

①メルマガ会員になる

✿特典1・・・入園券200円OFF、フリーパス500円OFF

✿特典2・・・お誕生日月には特別割引券がもらえる

 

②ホームページ限定特別割引券をゲットする

✿入園券・・・200円OFF

✿キングフリーパス・・・300円OFF

✿プールセット・・・200円OFF

✿サマーフリーパス・・・300円OFF

割引券は、東条湖おもちゃ王国の公式サイトからゲットできます。

PCなら画面を印刷して、スマホなら割引券画面を入場時に提示すればOKです。

 

③宿泊パックを利用する。

宿泊とセットでお得になっています。

 

ちなみに、チケット購入は午前中でも少し並びます。

と言っても15分程度なのですが、炎天下で日よけが無い為、子供が一緒だと少し大変だと思います。

できれば事前にコンビニ又はネットで購入しておいた方がスムーズだと思います。

 

お誕生日特典を利用する

私は事前購入をしておかなかったので、チケット購入のため並んでいる間にメルマガ登録をしました。

そして、自分の順番が来たら、届いたメール画面を見せるだけで割引になります。

ちなみに、この月は子供の誕生日!

お誕生日月は、入場料が無料になります。

 

私が実際に支払った額は、

<大人一人・子供一人>

✿プールセット券大人・・・1,900円

✿招待券小人・・・0円

✿プール入場券・・・小人900円

合計:2,800円でした。

 

つまり、プールセット券を大人と子供分購入しようと思ったのですが、通常だと、大人2,100円・子供1,300円かかります。

でも、メルマガ登録したので私は200円引き、お誕生日月特典で子供の入園料が無料になり、プール入場料だけで済んだという訳ですね。

 

未就学児に最適な新キッズエリア「ちゃいぷ」

f:id:crea-kosodate:20180720222710j:plain

今回の一番の目的はこれ!「ちゃいぷ」です。

今年から出来たそうで、まだネットには実際の写真はほとんど見つかりませんでした。

ちゃいぷは屋根がついているので、小さい子供でも安心です。

 

 

f:id:crea-kosodate:20180720222736j:plain

ふわふわのペンギンプールの滑り台です。

ペンギンが可愛いですよね~^^

水を流しているのかと思いましたが、普通の滑り台です。

ただ、着地地点に水があるので、プール気分は味わえるかな。

 

 

f:id:crea-kosodate:20180720222806j:plain

こちらは、海賊船になっています。

同じようなふわふわの滑り台です。

こちらも下が子供用の浅いビニールプールになっています。

 

そして東条湖おもちゃ王国のサイトでは、同じ屋根付きエリアにあると思われた18mスライダーですが、これだけは屋外に設置してあります。

・・・場所がないですもんね。

ということで、少々待ち時間も発生しますが、屋外で並ぶことになります。

f:id:crea-kosodate:20180720222825j:plain

 

結構混雑していましたが、小さい子が沢山遊んでいましたよ。

18mスライダーは大人もOKです。

ただ、滑るのは一人づつなので、一人で怖がるお子さんだと無理かも知れません。

 

造波プールはおもしろい!

波のプールは何度か経験したことがあります。

・・・が、ここまで深さがあるプールは初めてでした。

どうりで、開始前に延々と続く説明があるはずですね。

確かに油断すると危ないです。

特に浮き輪無しで行くのはチャレンジャーです。

 

最初他の方が浮き輪で浮かんでいる所に、子供を連れて普通に水に入ったのですが、通常のプールより深さがある上に波が激しいんです(笑

なので、大人でも首くらいまでは深さがあります。

ふと横をみると、135cmになっていました。

当然子供は手を離すと沈んでしまいます。。。(泳げないので)

ですが、水を怖がらない我が子は、波のプールの一番前に行こうとして大暴れ。

捕まえるのに必死でした。

 

なので、東条湖おもちゃ王国の波のプールは、浮き輪が必須です。

(もしくは、背の高いお父さん必須)

我が家は母子家庭なので、私が子供を抱えなければならず危なかったですよ。

でも、子供にとってはスリルがあって楽しいみたいです^^

1日に4回しかないので、時間に注意ですね。

 

ハッピーヒルは混雑時は数秒で交替!

f:id:crea-kosodate:20180720222852j:plain

公式サイトで見て楽しそうだなと思ったのですが、遊べる時間はそうですね・・・一人10秒程度だったと思います。

あっという間に交替。

また遊びたかったら並べば良いんですけどね。

 

初めてだとあまりルールが分からないのですが、ハッピーヒルの下プールの部分に黒い場所が4箇所ほどあります。

そこに並ぶみたいです。

・・・といっても数人しか並んでいませんので、すぐに順番は来るのですが、あっという間に終了してしまいます。

(ほんと10秒程度でした。)

 

慎重115cmからOKなスライダー 

f:id:crea-kosodate:20180720222912j:plain

子供がずっとこのスライダーをやりたいと言っていたのですが、今までは身長が足りなかったんです。

色んなプールに行きましたが、そうですね・・・120cm~130cmを基準しているところが多かったかな。

 

でも、ここはさすがこどもの国!

身長115cmあればOKなんです。

なので、少し背が高めの年長さんくらいならクリアできますよね。

我が子も年長になり、やっと115cmになりましたので、スライダーデビューしました。

 

ここのスライダーは最初はゆっくりで、最後少し高速になる場所がありますが、最後の着水もゆっくりですし、小さい子でも全然大丈夫だと思います。

スピードを上げるためには、寝っ転がって滑るのが良いのですが、怖ければ座ったまま滑ってもOKだと思います。

座って滑ると、速度が落ちます。

 

勇敢の滝(飛び込みプール)

f:id:crea-kosodate:20180720222947j:plain

初めて見ました!

飛び込み台があるんですよ。

・・・高さは2箇所から選べます。

 

プールの深さは3mあって、当然大人も子供も足がつきません。

(飛び込んで足がついたら、逆に危ないですもんね。。。)

なので、泳いでプールから上がらなくてはいけません。

監視員さんがついていてくれるので、泳げないと判断した場合は浮き輪を投げて下さいますよ。

 

でも、泳げない子供を一人で飛ばせるのは、親も勇気が要りますよね。

我が家は潔くやめておきました(笑

 

最後は迷路で遊んで帰宅

f:id:crea-kosodate:20180720223034j:plain

ここ東条湖おもちゃ王国といえば・・・、迷路ですよね。

公式サイトにも、どーんと載っています。

冒頭でも書きましたが、プールの料金しか購入していない場合は、一人500円を払えば遊ぶことができます。

(券売機があるので、チケットを購入できます。)

 

✿冒険コース・・・距離が長い

✿エンジョイコース・・・距離は短いがしかけがある

 

我が家はエンジョイコースにしました。

確かに、京都の映画村に行ったときのようなしかけが沢山ありましたよ。

これがまた暑いのになかなかクリアできなくて。。。

 

ただ、東条湖おもちゃ王国の入り口からプールにたどり着くまでの道中にあるので、子供がやりたがるのを避けられないんですよね。

 

駐車場はすぐに満車になるので早めの時間が必須

第一駐車場~第三駐車場まであります。

私が現地に到着したのは、週末土曜日の朝10時頃。

9時30分からのオープンでした。

でも、このたった30分遅れなだけで、第一と第二駐車場はすでに満車、少し場所が離れた第三駐車場しか空いていませんでした。

小さい子供連れで、炎天下の中を歩くのは少しきついので、できれば東条湖おもちゃ王国の前にある第一駐車場か第二駐車場を狙った方が良いと思います。

 

ただ一つ・・・、第三駐車場の真ん前に無料の水族館があるんです。

水族館といっても、都会でいうところのアクアリウムのような感じなのですが、カメもいますし小さい子は喜ぶかも!

f:id:crea-kosodate:20180720223111j:plain

 

まとめ

他にも流れるプールやわんぱくプール(遊具)など、小さい子供が楽しめるゾーンがいっぱいありました。

なかなか未就学児でスライダーができるプールはないと思うので、身長が115cmになったら、ぜひお子さんを連れていってあげて下さいね。

 

当日の注意点をまとめてみます。

✿日よけにプールテント(ワンタッチテント)を持ち込んでいる方が多いです。

✿レストランやラーメン屋さんなどもありますが、持ち込みもOKです。

✿温水シャワーがありますが並んでいるので、水シャワーで済ませる方も多いです。

✿波のプール用に浮き輪があった方が良いです。

✿コインロッカーは、十分な数が用意されています。

✿炎天下で地面が暑いので、ビーチサンダルはあった方が良いです。

 

以上、東条湖おもちゃ王国のプールをご紹介しました。

 

ぜひお子様と楽しい思い出を作って下さいね。

我が家は母子家庭なのですが、子供と二人でもものすごく楽しめましたよ^^