クレアカフェ

シングルマザーが暮らしに役立つ情報をお届けします

未婚の母には寡婦控除が適用されない事実と「みなし寡婦控除」について

f:id:crea-kosodate:20180712070738j:plain

こんにちは、creaです。

一口にシングルマザーと言っても、理由は様々ですよね。

①夫と死別による場合

②離婚による場合

③未婚による出産の場合

私から見れば、結果シングルマザーなのは同じですので、大差ありません。

ただ、収入的には(多)①⇒②⇒③(少)の順で差が出ます。

死別の場合は、遺族年金等があるから理由は理解できますよね。

でも、離婚と未婚による出産も、現行の法律では差が出てしまうんです。

・・・それは未婚の母には寡婦控除が適用されないからです。

 

寡婦控除とは

一般の寡婦とは、納税者本人が、原則としてその年の12月31日の現況で、次のいずれかに当てはまる人です。

  1. (1) 夫と死別し、若しくは離婚した後婚姻をしていない人、又は夫の生死が明らかでない一定の人で、扶養親族がいる人又は生計を一にする子がいる人です。この場合の子は、総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない人に限られます。
  2. (2) 夫と死別した後婚姻をしていない人又は夫の生死が明らかでない一定の人で、合計所得金額が500万円以下の人です。この場合は、扶養親族などの要件はありません。

(注) 「夫」とは、民法上の婚姻関係をいいます。

必ず、夫が登場しますよね。

現行の法律では、未婚の母は含まれていません。

ただこの寡婦控除は重要で、最終的な所得を計算する段階で受けられる控除のことですから、住民税や所得税の金額が変わってくるんです。

つまりそこから計算されている保育料なども差が出てくることになります。

(現在は、自治体のみなし寡婦控除により、保育料は離婚による母子家庭と同様の 措置が取られているところが多いです。)

 

母子家庭への施策

歴史的には、元々「死別」による母子家庭に対して、色々な施策が行われてきました。

なぜなら、昭和20年代戦争により夫を亡くした死別母子家庭対策が大きな問題になったからなんですよね。

つまり、最初の想定は、「死別」によるものだけです。

そこから、時が経つにつれ、死別が減り離婚による母子家庭が急増した訳なんですが、母子家庭の抱える貧困は「生別」「死別」による差はなく同じであることから、平等に母子扶養手当等が創設されたんですね。

だから、「離婚」も後から追加されたものなんです。

ここで問題になるのが、離婚母子家庭というのは、言い替えれば生別母子家庭なんですよね。

・・・夫が生きている状態で夫婦が別れて母子家庭になった家庭のこと。

あくまでも、別れることがポイントになってきます。

つまり、最初から未婚で出産した場合は全く想定外で、今になって慌てて施策を検討しているというのが現状なんですね。

ただ、法律そのものを変えるには時間がかかり大きな問題もある。

私達人事部が大きく関わるのが「労働基準法」なのですが、これも同じで、むかしむかしまだ強制労働が行われていた時代に作られているため、今の時代に合わない条文が沢山出てきます。

なので、細かい部分は「判例」といって裁判所が具体的事件を元に示した法律的判断で補われていますよね。

・・・なので、未婚の母については、各自治体が「みなし寡婦控除」でそれぞれに対応しているということになります。

 

みなし寡婦控除とは

これは自治体により様々ですが、一番多いのは、住民税や所得税は適用させず、それを元に計算する各手当にだけ「みなし寡婦控除を使う」というパターンではないでしょうか。

例えば、

✿保育料

✿学童保育

✿市営団地の家賃

・・・等が該当してきます。

つまり、住民税や所得税は安くならないけど、保育料は婚姻歴がある人と同じように取り扱いますよ~というもの。

「婚姻歴」ってそんなに大切なんですかね。。。(笑

普通に考えるとね、当然結婚をして子供ができるというのが正しいと思うんですよ。

でも、今の時代「でき婚」が普通になっているじゃないですか。

婚姻より先に子供ができている訳です。

そこから、婚姻を選択せず出産したら「適用外」とするのは時代に合わないと思うのは私だけなんでしょうか・・・。

私なんて、婚姻して数年後に離婚をしていますし、私が妊娠中から夫はいないものと同然のような感じでしたので、未婚の母と大差ないと思ってしまいます。

もちろん、子供にとっては、例え数年でも戸籍上「父親」がいた方がいいんでしょうけどね。

ただ、ものすごく不思議なのはここからです。

 

離婚歴があれば未婚の母でも寡婦控除が適用される

これねー。不思議過ぎて笑えてきます(笑

例えばね、一人目の夫と離婚。そして次に別の男性との間にできた子供を身ごもり、未婚の母になる。

・・・そうなると、未婚の母でも寡婦控除が適用されるんですよ!

なぜなら、離婚歴があるから(笑

ええっ~!!って感じでしょう?

一度でも結婚していればOKなんです。

なぜこの法律が変わらないのか、これがOKなら一度も婚姻歴のない未婚の母もOKにしていいんじゃないかと思ってしまいます。

単なる法律の解釈の問題ですよね。

私は実態に合わないおかしな法律は変えるべきだと思いますが、我が社でも、「規則を変えるのは大変だから~」と躊躇している部署がありますね。

「手間」より大切なのは「実態」だと思うんですけどね。

不思議な世の中だと思います。