クレアカフェ

シングルマザーが暮らしに役立つ情報をお届けします

保育園への送迎で発見した保育園児の男の子あるある!

f:id:crea-kosodate:20180703230839j:plain

こんにちは、creaです。

うちは男の子なんですが、おもしろいな~と思うことが多いんです。

息子だけじゃなく、保育園の他のお友達も一緒で、男の子を観察していると本当に笑えてきます。

そうですね。3歳くらいから、男の子と女の子で大きく差が出てきました。

見ていると、まるで別の生き物のようです(笑

そんな男の子の、あるあるをご紹介します。

 

①一斉に話をする

私が息子を保育園に連れていくと、お友達がわ~っと寄ってきます。

私と話をしようとするんですよね。

で、女の子は順番に話をします。他の子が話している時は、黙って聞いていますね。

ところが男の子。

5人くらいが一斉に寄ってきて、全然違うそれぞれが言いたいことを一斉に話しだします(笑

もう笑えて仕方ないんですよね~。

・・・と思ったら、いきなり走り出したり、でんぐり返りをしていたり、みんな好き勝手なことをしています。

女の子は成長が早いですよね。

みんなで大人しく「ごっこ遊び」をしていて、男の子に「しずかに!」と注意をしていたりします。

性別でこれだけ差がでるものかと、びっくりしますよ。

 

②金と銀が大好き

f:id:crea-kosodate:20180715123849j:plain

やたらと大好きな、ゴールドとシルバー。

折り紙でも、金と銀は取り合いになりますね。

なので、金と銀の折り紙は保育園には持って来させないようお達しが出たほど(笑

すごいなぁと思ったのは、今回の戦隊シリーズ。

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」

最初は全く食いついていなかった我が子並びに保育園の男の子たち。

ところが、途中から登場した「ルパンエックス」と「パトレンエックス」。

一人二役で、ゴールドとシルバーの色合いに男の子達はメロメロに(笑

男の子の心理を突いてるなぁと感心しましたよ。

 

③顔から手が出る

f:id:crea-kosodate:20180715123913j:plain

子供達が描いた絵がね、教室に良く飾ってあるんです。

女の子は絵が上手ですよね。

色使いも綺麗だし、人物も全身上手に描いてあります。

ところが男の子。

髪の毛がない、耳がない、鼻がない・・・というのは良くある話なのですが、顔から手が出ている確率が高いんですよ(笑

たぶん体の構造を良く分かってないんでしょうね。

もしくは、分かっていてもそれを形にするのが苦手なのかな。

とにかく、顔から手が出ているんですよ。

友達に聞いたら、小学生でも顔から手が出てるよって(笑

手がどこについているか、あまり考えてないのかも知れませんね。

 

④とにかく走る

少しの距離の移動でも、なぜか走る、走る、走る。

早く到着したいという焦りなのか、ひたすら走っています。

「廊下は走りません。教室も走りません。」と小さい頃から保育園で習っています。

走ると危ないことも、先生から怒られることも分かっているはずです。

・・・なのに、走りますね。。。(笑

もはや野生の何かがそうさせているとしか思えないくらい、走っています。

 

⑤「俺」と言い出す

自分のことを、最初はあだ名で呼んでいた子供達。

ところが、3歳~4歳くらいになると、いきなり「俺」と言い出す子が続出。

僕をすっ飛ばして、俺です。

先生も笑っています。

まだ小さくてたまにトイレも失敗する子供たちが「俺」と言っているので、笑えてくるんですよね。

 

⑥話が上手ではない

女の子って、例えば今日あった出来事を話す時、上手に話してくれますよね。

ちゃんと起承転結があるというか、話に流れがあるんですよ。

ところが男の子。

部分的にしか話しません。

・・・なので、何の話をしているのか分からない事も多いです。

保育園で、お友達が私に話しかけてくるときもそうで、いきなり部分的な話をし始めるので、「それは何の話?」と聞かないと内容を理解できません(笑

やっと理解できたと思った途端、話が次の話に切り替わっていることも。

この辺は、おもしろいなぁと思いますね。

 

⑦戦いごっこが大好き

走るのと同じで、ひたすら戦いごっこをして先生から怒られています。

ヒーローは色々なんですよ。

ウルトラマンだったり、ポケモンだったり、戦隊シリーズだったり、、、

何でもいいので、ひたすら戦う。

何でも武器に見立て、ひたすら戦う。

自宅でも、「ママ、戦おう!」

あれは何でしょうね。男児の本能なのでしょうか。

 

 ⑧とにかくふざける

お遊戯会など大切な場面で、必ず一人はふざけている子がいるのも男の子ですね。

で、一人がふざけ始めると、連鎖反応が起きるので先生はドキドキのようです。

たまに、先生がしょんぼりされているのをお見かけします。

もっと子供達は頑張れたはず!

・・・と自分を責めてしまうのだそうですよ。

先生の思いに反して、ふざけまくっている男の子達。

もはや誰も止められませんね(笑

 

以上、男の子あるあるでした^^