クレアカフェ

シングルマザーが暮らしに役立つ情報をお届けします

母子家庭に最適な幼児教育のための通信教材とはどれなのか?

f:id:crea-kosodate:20180806080521j:plain

 

こんにちは、creaです。

幼稚園ならもちろんですが、保育園でも未就学児の内から通信教材や習い事をやらせるご家庭が多いですよね。

 

我が家でも、2歳からずっと通信教材をやっています。

おもちゃやDVDが月替わりで届くので、結構楽しいんですよね。

事前に年間スケジュールも分かりますし、しばらく休憩してまた再開ということも可能です。

実際周りでも、ずっと続ける・・・というよりは、入会したり退会したりを何度か繰り返している人の方が多いです。

 

内容が子供に合わなくなる時もありますから、その辺は見極めているようですよ。

 

やはり一番メジャーなのは「しまじろう」

ベネッセのこどもちゃれんじですね。

特に、2歳~4歳頃までは本当に内容が良いと思います。

何が良いって・・・、DVDと付録のおもちゃ。

本当に良くできています。

 

私が一番好きだったのは、「いろっち」。

いろっちは、赤・青・黄・白・黒・緑の6種類で、マトリョーシカになっています。

 

この「いろっち」を動かしたDVDがまた良くって。。。

大人でもワクワクするようなかわいらしさ。

届いたおもちゃが、DVDの中で動くんですよ。

子供にとってはそりゃあ楽しいですよね。

 

商売上手だなぁと思います(笑

 

母子家庭におけるしまじろうの問題点

それは、たった一つ。

しまじろうは、パパ・ママ・しまじろう・はなちゃんの4人家族。

そうなんです。

パパが頻繁に登場するんですよ(笑

・・・これは、母子家庭にしか分からない悩みだと思いますが、パパが登場するだけでドキっとするんです。

 

今なら大丈夫ですよ。

夫と頻繁に会っていますし、単身赴任のご家庭とあまり変わらない状態を作り出しましたからね。

でも、当時は結構辛かったですね~。

当事者にしか分からない悩み。

 

楽しそうな家庭が登場するDVDを見ている我が子を見るのが辛かったです。

 

これは、母子家庭の方なら嫌と言うほど経験しているんじゃないでしょうか。

「なぜ、こんなにパパを登場させるんだろう?」と本気で思いました。

 

加えて、途中からはなちゃんが誕生します。

ちょうど、息子が「兄弟がほしい」と言い出した時期でしたので、これもドキっとしました。

しまじろうは、普通の家族向けの教材ですよね。

 

何なら、母子家庭向け、父子家庭向けの教材も作れば、ものすごく売れそうな感じがしますけど。。。(笑

私が企画担当なら、きっと作りますね!

 

母子家庭に最適な通信教材

f:id:crea-kosodate:20180805191437j:plain

色々試してみて思ったのですが・・・、「ドラゼミ」が一番いい感じです。

年齢的には年中以上になりますけどね。

 

でも、本当に小学校に行く前の学習といった感じで、我が子も毎日机に向かう習慣がつきました。

ちょうどドラえもんが好きになる年齢というのも良いんでしょうね。

シールも沢山付いてますし、添削もあったりして、なかなか本格的な勉強ができています。

 

そして、何と言っても一番良いのは、余計な家族像が登場しないこと。

のび太くんは普通の家庭で育った男の子ですが、特に教材の中でそういうことは学ばないので、ひたすら学習に専念できます。

 

幸せな家族像が出てきてもあまり気にされない方は、

✿2歳~4歳まで:こどもちゃれんじ

✿4歳~小学校入学まで:ドラゼミ

という選択が良いのではないでしょうか。

 

時代にあった教材作りを

f:id:crea-kosodate:20180805191854j:plain

たぶんね、家族ってパパとママが揃っているのが幸せなんだと思います。

でも、きっとそれだけじゃないですよね。

そうじゃない家庭も沢山あって、それぞれの形があると思うんです。

 

でも、教材の中の幸せ像ってワンパターンなんですよ。

こういう時代なので、色んな家族像があって色んな幸せの形があるんだよということを伝えられるような幼児用教材があったらいいな~と思います^^

そうじゃないと、子供の未来が決めつけられてしまいますからね。

 

ほんと、しまじろうで作ってほしいな~。

✿普通の家庭向け

✿母子家庭向け

✿父子家庭向け

・・・の教材(笑

絶対売れると思いますけどねー。特に母子家庭向け。

 

今回は、シングルマザーの私が望む「幼児教材」特集でした^^