creaさん家のアスペルガー

結婚した夫がアスペルガーだったら?

アスペルガーの夫の不思議な発言について考えてみる【家族編】

f:id:crea-kosodate:20180517062520j:plain

こんにちは、creaです。

そうそう、夫がね「養育費」を払ってくれたんです!

いくらだと思います?

・・・その額、なんと5,000円!!!

すごいでしょう?何に使おうか悩んでしまう金額ですよね。

私の高校時代のお小遣いと同じ額です。

もはや養育費の趣旨からは外れていますが、まあちょっとしたお小遣いだと思えば(笑

「そんな少ない養育費いらないよ!」なんて言いません。

✿もらえるものは 素直にもらう

✿もらえないものは追わない

・・・の精神です。

でもね。

自主的に払おうとしたことがすごい進歩だと思うんです。

アスペルガーは家族のためにお金を使いたがらないという特性があるようなので、それを超えたということですよね。

・・・じゃなくて、家族じゃなくなったからお金が使えるようになったのかしら。

離婚したからね。そうかも知れないですね(笑

 

家族を持った自覚が無いらしい

結婚当時から夫は良く言っていました。

「会社の結婚しているメンバーは、みんな家族のために土日に休みを取りたがるからさ、俺が代わりに出勤してやるんだ。」

・・・いや、あなたも結婚しているよね???

ずっとそう思ってました(笑

おかしな事を言う人だな~っと思ってね。

休みを全然取ってくれないんですよね。当然連休もなし。年末年始もなし。

加えて上記の発言をするので、この人は結婚をした自覚も家族を持った自覚も無いんだなと思っていました。

いや、もしかしたら・・・

結婚したことに気付いていなかったのかも!

そうなら、もはや終わってますね。

離婚して本当に終わったので、もういいんですけどね。

 

離婚をして変化した夫の心境

 今では毎月一緒に出掛けてるんですよ。夫とね。

「次どこ行こうか~?」って聞かれるのでね、夫は計画をしたり決断をしたりすることが苦手なので、行先も日程も私が決めるんです。

ただ、夫となかなか休みが合わないので、ちょうど私の休みと一致した日に出かけるんですよね。

でも、最近それを待たずもっと早く何とか休みが取れないか会社の人に掛け合ってるみたいなんです。

その事実を知った時、「ええっっ!!!」と思いましたよ~。

びっくりしましてね。

そんな行動を見たことが無かったものですから。。。

「あなた、誰??」と思ってしまいました。

失って大切なものに気付いたのか、ただ単に暇なのか、分かりませんけどね。

でも、すごいでしょう?この変わりっぷり。

 

離婚をして先に老いるのは男性

最近、熟年離婚が増えていますよね。

妻も子供の為にぎりぎりまで我慢するのでしょうね。

そして、夫が定年を迎えるころ、金の切れ目が縁の切れ目とでも言うように、妻から離婚届を出される・・・というパターンが最近増えているようです。

確かに周りにもいますね。

そして、離婚をした妻はイキイキと第二の人生をスタートし、妻から見放された男性はあっという間に老いていくそうです。

男性より女性の方が強いのでしょうね(笑

今までの我慢から解放された喜びが、妻をイキイキとさせるのかも知れません。

 

子育てに参加する大切さ

私の会社の上司がね。奥さんからこう言われたんですって。

「たまには子育てを手伝って!」

上司はこう返したそうです。

「じゃあ、お前は俺の給料を稼いでこれるのか?」

NG発言ですよねぇ(笑

ただ、この上司は、1,000万円プレイヤーなのでね、毎年奥さんをハワイに連れてってあげたりしています。

私なら育児の手伝いより毎年ハワイに連れてってもらう方がいいかな。

でも、奥さんは疲れ果てて言ったセリフだと思うので、「理解しようとしてあげることが大切だよ」と助言しておきました。

専業主婦の妻からこのセリフが出る時は、夫がよほど何もしていない時だと思います。

 

家族サービスではなく義務

でも本当はね、家族サービスという言葉自体がおかしいのですよね。

子育ては本来二人でするもの。

サービスではなくやって当たり前なんです。

ただ、奥さんが専業主婦の場合は、その割合が増えるだけ。

その意味を勘違いしてしまうと、「男は仕事をしていればいい」になってしまいますよね。

妻が担う家事も大変な仕事。

夫が担うお勤めも大変な仕事。

どちらも大変なんです。だからこそ、子育ては一緒にやらないとね。