クレアカフェ

シングルマザーが暮らしに役立つ情報をお届けします

夫の発達障害が息子に遺伝しているかもしれないと、最近思うこと。

f:id:crea-kosodate:20180508075920j:plain

こんにちは、creaです。

先日、夫からこう言われました。

「結婚している時、俺は夫としてどうだった?」

良かったのか?悪かったのか?

・・・ということが聞きたいのでしょうか。。。

まさか、良かったという答えが返ってくる可能性もあると思っているのでしょうか。

それとも、自分の行いについてもう一度考えてみようと思っているのでしょうか。

いや、それはない(笑

きっと悪いと思っていない。

私から、「結婚生活は地獄だったよ」と言われているのに、まだこういう質問をしてくることに・・・ズレを感じます。(いつものことですが)

 

子供の「お友達と遊びたい」という願望

息子は、今お友達との関係に悩んでいます。

一緒に遊びたくて仕方がないのに、上手くコミュニケーションが取れないからです。

「誰も遊んでくれる人がいない」と言っています。

保育園で観察していると、男の子グループと女の子グループに分かれて遊んでいるのですが、その中に入っていけないようなのです。

自分から入っていけないので、お友達から声をかけてもらえるまで待っています。

一緒に遊べている時も、やんちゃな男の子の言いなりになって、指示された通りに動いています。

親としては見ていて不安になるお友達との関係ですが、でも、「お友達と遊びたい」と思えるようになったことが、息子にとっての一番の成長です。

昔は、お友達が嫌いで逃げ回っていましたから。。。

 

周りから浮いている息子

保育園にお迎えに行ったときにたびたび感じます。

例えば、みんなで鬼ごっこをしているとき。鬼ごっこのルール、ご存知ですよね。

鬼を一人決め、それ以外の子供たちは逃げるんですよね。

そう・・・逃げるんですよ。

でも、息子はすぐに隠れてしまいます。

みんなで鬼ごっこをしているのに、一人かくれんぼをしてしまうのです。

息子は探しに来てくれるのをずっと待っています。鬼ごっこだから出て行かないと追いかけてはもらえませんよね。それが分からないみたいです。

子供達は、適当に集まった仲間で鬼ごっこを始めていますから、誰かがいなくなったとしても分からない。

途中で迎えに来たお母さんと帰ってしまう子もいますしね。

だから、鬼ごっこが終わった後も、ずっと隠れたまま一人取り残されます。

探してはもらえないのでね。

その事実に息子はショックを受け、いつものセリフ「今日は残念な日だった」をつぶやくのです。

それでもね、みんなと遊びたいと園庭に駆け寄って行くことができるようになったことが、成長なんですよね。

 

思い通りにならない時、全てをゼロにしないと気が済まない。

例えば、お絵描きをしているとき。

気に入った絵が描けていたとしても、たった一つ上手に描けない場所があったら、イライラっとして絵をぐちゃぐちゃにして捨ててしまいます。

全てを完璧に描かないと気が済みません。

工作をしている時、途中で上手くいかなくなると、全部を潰して捨ててしまいます。

「途中からやり直し、修正する。」・・・ということができません。

年齢が違うので形は異なりますが、夫と似ているなぁと思うんです。

夫も思い通りにならない時、自分で事態をぐちゃぐちゃにしてしまいます。

例えば、何かあるとすぐ「離婚する!」と宣言するのもそうです。

思い通りにならないと、どんな些細なことでも、脳がパニックを起こしてしまうんだと思うんです。

そのパニックを収める為に、全てをゼロにして無かったことにするという対応を取っているのではないかと思います。

 

全てを集めないと気が済まない

例えば、5色あるおもちゃがあるとします。

全く同じ機能であっても、息子は全ての色を揃えないと気が済みません。

息子にとっては、全て揃ってこそ意味があるのだと思います。

動物園でもそう。

1枚キリンと一緒に写真を撮ったら、次はパンダ、次はライオンと全ての動物と写真を撮ろうとします。

その中で気に入った動物とだけ写真を撮る・・・という考えに及ばないようです。

当然私が途中で止めに入ります。

この習慣がついてしまうと大変だからです。

息子は自分の中で納得ができるまでに時間がかかりますので、何度も何度も私から言われたことを復唱しながら諦めます。

途中で諦めることができるようになっただけでも、成長なんですけどね。

でも、こだわりは強いと思います。

 

それでも、療育センターでの発達検査はスルーしました。

問題が無かったのです。

ただ、「生きにくさ」はあると言われています。

今なら何かしらの診断がつくのではと思うこともありますが、保育園からも問題ないと言われているのに、わざわざ病院に連れていくのも躊躇してしまいます。

診断名をつける一番のメリットは、周りから配慮してもらうことだと思いますが、息子の様なグレーゾーンの子は、いくら診断名がついたとしても、周りから「大丈夫ですよ」と言われて終わってしまう気がします。

息子の場合、周りに迷惑をかけることはあまりなく、辛いのは本人だけなので。。。

持って生まれたもので苦労するのは可哀想ですよね。

ただ、自分の人生を明るくするのも暗くするのも自分次第だと思うので、特性と向き合って強く生きて欲しいと願います。