シングルマザーカフェ

人事担当者であり2回の離婚を経験したシングルマザーが暮らしに役立つ情報をお届けします

5月5日こどもの日!端午の節句の由来と意味について調べてみました

f:id:crea-kosodate:20180506075015j:plain

こんにちは、creaです。

こどもの日も無事終わりましたね。

 

我が家でも色々やりましたよ。

①兜を飾る

②こいのぼりを飾る

③こいのぼりケーキを作る

④ちまき・柏餅を食べる

⑤菖蒲湯に入る

 

毎年恒例の行事です。そして子供に聞かれました。

「ママ、こどもの日ってどんな日?」

 

・・・日本人らしく行事に乗っかっているだけで、実際それほど理解してお祝いをしていない自分に気付きます。

「男の子の成長をお祝いする日だよ。」という回答が精一杯(笑

 

ということで、今回はこどもの日について調べてみました。

 

こどもの日はいつできたのか

f:id:crea-kosodate:20180823075523j:plain

元々、端午の節句という行事が中国から入ってきて、男の子の成長を祝う日だったそうですが、1948年にこども達が健やかに育つことをお祝いして国民の祝日として、「こどもの日」が作られたようです。

 

条文によると、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨なのだそう!母子家庭にぴったりのイベントですね。

ですので、こどもの日のお祝いは、男の子だけではなく男女どちらの子どもも対象としているようです。

 

そうなると、私が子供に回答した「男の子の成長を・・・」は間違っていることになりますね。

「こどもの成長をお祝いする日だよ。」が正しいということになります。

 

端午の節句とは

5月5日は、五節句の端午の節句にあたり、

✿端午の端・・・月のはじめ

✿端午の午・・・午(うま)の日

 

午(ご)という文字の音が五と読めることなどから、奈良時代以降5月5日が端午の節句として定着したそうです。

 

江戸時代に入り、菖蒲(しょうぶ)の音が、武家を重んじる尚武(しょうぶ)と同じであることから、家の後継ぎとして生まれた男の子が無事成長していくことを祈り、武家の間で盛んに祝われることとなりました。

 

元々端午の節句は中国の風習で、5月は病気が流行しやすかったことから、厄除けのために行われていたんですね。

 

兜やこいのぼりを飾る理由

f:id:crea-kosodate:20180823075542j:plain

我が家では、兜は子供の名前が入ったもの。

こいのぼりは、ちりめんで作られた部屋飾り。

 

どちらも私の親からのプレゼントです。

母方の祖父母が贈るのが風習のようですね。

本当は大空を泳がせたい所ですが、雨の日とか・・・いちいち取り込むのも大変ですしね。

ちりめんは品があって場所も選びませんし、なかなか良いですよ。

 

それぞれ飾る理由を調べてみると、

✿兜・・・

昔、男性にとって身を守るための大切な道具だったため

 

✿こいのぼり・・・

鯉の生命力の強さと出世すると龍になるという中国の言い伝えから

 

ということのようです。

 

ちなみに、こどもの日は終わりましたが、いつまで飾るのでしょう?

それぞれ地域の風習があるようですが、我が家では毎年5月いっぱい飾っています。

理由は、せっかく買ってもらったものなので、できるだけ長く飾っておきたいから。

ただ、それだけです(笑

 

ちまきや柏餅を食べる理由

f:id:crea-kosodate:20180823075600j:plain

 

毎年こどもの日に必ず買ってくるちまきと柏餅。

こいのぼりケーキを作るのに、わざわざちまきと柏餅までセットで買ってしまいます。なぜか?みんなが買っているから(笑

 

でも、せめて意味を知って買いたいですよね。

✿ちまき・・・

これも中国から伝わったもので、「厄払い」「無病を祈る」「邪気を払う」という意味があるそうです。

 

✿柏餅・・・

日本のもので、柏の葉は新しい芽が出るまで古い葉が落ちない事から、「子供が立派に大きく育つまではパパもママも亡くなることはないよ」という意味があるそうです。

 一般的に、関東では柏餅、関西ではちまきを食べる習慣があるようなのですが、我が家は両方食べますけどね。。。

(スーパーで両方売ってるから)

 

菖蒲湯に入る理由

菖蒲もこの時期になるとスーパーやお花屋さんで売られていますよね。

行事に乗っかるタイプなので、必ず購入し、お風呂に入れて香りを出します。

そして、菖蒲を子供の頭に巻いて、ジャニーズのようにして写真を撮るのが毎年の恒例です(笑

 

意味は分からずやっていましたので、こちらも調べてみました。

✿菖蒲・・・勝負の持つ強い香りが邪気を払うとされていたため

 

やはり全てが「邪気払い」なんですね。

中国では雨季を迎える5月に病気が増えることから、こういった邪気払いの行事が行われ、それが日本に伝わったということになりますね。

 

なんなく行事をやるより、きちんと子供に説明ができる知識を持つことは大切だな~と色々調べていて思いました。

来年は、もっと楽しいこどもの日になりそうです!

 

さて、ゴールデンウイークも終わり、今日からまた仕事が始まります。

私は仕事人間なので、家事育児より仕事をしている方が楽です(笑

また日々の生活に戻ります。

体調に気を付けながら頑張りましょうね。