creaさん家のアスペルガー

結婚した夫がアスペルガーだったら?

離婚した夫とこどもの面会交流について思うこと

f:id:crea-kosodate:20180418200643j:plain

こんにちは、creaです。

先日、夫と子供と私と・・・なんちゃって家族3人でお出掛けをしてきました。

なぜなんちゃってかというと、まあ離婚しているからなんですけれど。

私達は何の取り決めもしておらず、面会交流というよりは、普通の家族と同じくただのお出掛けのような感じです。

本当はちゃんと取り決めた方がいいのでしょうけれどね。ただ、取り決めた事項が何もないので、逆に気が楽だったりします。

夫が約束を守らなくてイライラすることがないからです。私にとっては、夫に振り回されない生活の獲得が慰謝料替わりです。

 

面会交流をすべきかどうか

夫と子供の状態によりますよね。夫に暴力や借金などがある場合は、考えますよね。

あと一番大切なのは、子供を傷つけるような言葉を口しないかどうか。

我が家の場合は、そういうことはありません。むしろ結婚当時より数十倍良いパパをしてくれます。離婚して良かったね、私達!と心底そう思います。

なので、一緒に出掛けることはマイナスにはならず、みんなで楽しい時間を過ごすことができます。子供も精神的に落ち着くようです。

夫は、発達障害からの二次障害で精神的に不安定だったことがありました。

ちょっとしたことで暴言を吐くので、一生子供と会わせない方がいいと思ったこともあります。それでも、会わせないと子供まで不安定になってしまうので、毎日悩み続けました。結局、3人で楽しく交流することを選んだのです。

 

幸せには色んな形がある

私は今離婚をしてとても幸せです。普通から言えば、型にはまった幸せの形ではないですよね。それでも、幸せとはこうと決めつけない方が良いと思うんです。

みんな違ってみんないいという言葉がありますが、ほんとそうですよね。

周りには理解されにくいかも知れませんが、それぞれの家庭の幸せの形を見つければ良いのだと思います。

一番大変なのは子供ですが、受け入れてもらうしかないですよね。

ただ、それを当たり前としてしまうのは子供が可愛そうですし、かといって申し訳ないと思い過ぎると子供が惨めになりますから、少しでも楽しく過ごせるよう考えてやれば良いのではないでしょうか。

私は夫と会い続けていますが、友人の中には再婚をして楽しくやっているケースもあります。みんなそれぞれの幸せの形を見つけているようです。

 

面会交流はできれば家族いっしょに

どうせ会わせるなら、家族一緒に会った方が良いと思います。事件が起きているから・・・という訳ではないのですが、父子だけより家族全員の方が子供は喜びます。

当日の子供の様子から、子供がどういう気持ちでいるのかも分かりますし、夫の近況も知ることができます。

子供を守れるのはやはり一番近くにいる親ですから、一緒に会ってやるのがベストではないでしょうか。

離婚をするには必ず理由があります。特に子供が小さい場合、小さい子供を連れて離婚せざるを得ない致命的な理由があるはずなのです。

だからこそ、子供がこれ以上傷つかないよう配慮をしてやる必要はあるのかなと思います。

 

出掛ける時は普段行けない所に

母子家庭だと、家族連れが沢山いるところには行きにくかったりしますよね。面会の日はそういう場所に行くと良いと思います。例えば、バーベキューや潮干狩り。

家族連れでいっぱいですもんね。なかなか母子家庭には敷居が高い場所です。

子供も色んな経験が出来ますし、パパが一緒の時しか行けないので特別な思い出ができると思いますよ。

あと、我が家のように、この日だけは夫が全てのお金を出してくれる場合は、できるだけお金がかかる所に行くというのもポイントです。

普段私が一人で子育てしているので、ここぞとばかりに出してもらいます。

普段の恨みが消えますよ(笑

 

嫌な記憶を一時的に置いておく

結婚当時の嫌な記憶ってなかなか消えませんよね。特にモラルハラスメントを受けていた場合、なおさらだと思うんです。私は、養育費を踏み倒す夫に腹が立つときもあります。普段は忘れてるんですけど、あまりに自己中なことを言ってくると思い出すのです。

それでも、一緒に出掛ける日だけは忘れるようにしています。そういう訓練をすると、段々嫌な記憶が薄れていきます。

そして、夫も家族で出かける日は以前とは違い、一生懸命尽くしてくれます。

たまの1日だから全力で家族サービスができるようです。

本当に良く気が付いてくれて、こんな夫ならやり直せるのではと思ってしまうくらい、良くしてくれます。毎日一緒にいると無理なんでしょうけどね。

 

でも・・・、神様に感謝したいです。

家族でまた会える機会を作って下さって有難うございます、と。