クレアカフェ

シングルマザーが暮らしに役立つ情報をお届けします

離婚したことを子供にどう伝えるのか?伝える必要はあるのか?

f:id:crea-kosodate:20180412070355j:plain

こんにちは、creaです。

離婚したことを子供に伝える・・・これが一番精神的にきつい瞬間ですよね。

正直夫と離婚すること自体は、それほど打撃はなかったんです。でも、子供が寂しがったり泣いたりするのを見るのが辛いですよね。

どんな父親でも子供にとっては大切なパパで、例えパパとの思い出が無かったとしても、パパという存在に憧れを抱いてしまっていたりするので、なかなか厄介です。

 

結論から言うと私は伝えていません

どう伝えるかは、子供の性格によるところがあると思います。

我が息子の場合、他人が持っているものを自分が持っていないと悲観的になる傾向にあります。なので、あえて伝えていません。

もう少し大きくなってからゆっくり話そうと思っています。

ただ、これができるのは、夫と普通に関係が保てているからです。

そもそも我が家は調停をしておらず、いい加減な形で離婚しています。

・・・つまり、何も取り決めをしてないということです。

調停をしないのは夫の希望でした。理由は、法律に縛られて養育費を払いたくないからでしょう。

私がこれをOKしたのは、理由があります。

✿養育費よりも大切なものがあると考えるから

✿嫌々払ってもらう養育費に意味がないと考えるから

✿法律で縛られると夫がパニックになるから

元々、単身赴任だった我が家は、夫と離婚しても状況が何も変わりませんでした。結果的に、何も取り決めをしていないので、普通の単身赴任の家庭のように、夫と頻繁に連絡を取り合い、家族で出かけ、旅行の計画をしています。

普通に考えるとおかしいのですけどね。

でも、これが子供にとって一番幸せな形だと考えた結果です。

 

そもそもパパがいない子なんていない

普通に一緒に暮らしていて離婚する場合、説明が難しいですよね。

いきなり父親がいなくなる訳ですから、子供も動揺すると思います。

良く書いてあるのは、子供に正しい情報を伝えるということですよね。

ただ、私自身は子供の性格によるのではと思います。

「パパとママは喧嘩しちゃったら、別々に暮らすことになったの。」

より、

「パパはお仕事で忙しくてあちこち飛び回らなきゃいけないから、別々に暮らすことになったの。」

の方が良い場合もあるかも知れません。

子供の年齢を考えて言ってあげないと、そもそも理解することができないと思います。

ひとまず未就学児の場合、周りの子供からの悪気のない「パパはいないの?」という攻撃からも守ってあげる必要があると思うんです。

そもそも、パパのいない子供なんていない訳ですよね。

遺伝子上、必ずパパとママがいて子供は生まれてくる訳です。

なので、パパはいるんですよ、必ず。

なので、「パパいない」のではなく、「遠くにいる」ということをきちんと子供に説明する必要があると思います。

 

夫の悪口は子供の前では言ってはいけない

これはもう絶対だと思います。

なぜかと言うと、私が母から聞かされて育って辛かったからです。

私は父と同じ血液型なのですが、「お父さんに似たからダメなんだ」と良く言われたものです。

夫の悪口を子供に言うということは、その遺伝子が入っている子供は、自分もダメなんだとつなげて考えてしまいます。

その心の落胆は、親が考えているより深刻です。

子供は、どんな親でも大好きです。

できればパパママ揃っていて欲しいと思っています。

結婚していても不仲だったり、離婚してしまったり、状況は色々あると思いますが、どんな状況であっても子供に対して片方の親の悪口を言うことだけは避けた方が良いと思います。

子供が真っ直ぐ育つためには、結婚を継続するか・離婚するかよりも、悪口を言わないということを守ることの方が大切なんじゃないかと思っています。