クレアカフェ

シングルマザーが暮らしに役立つ情報をお届けします

離婚をしても元夫には元気でいて欲しいと思っていることについて

f:id:crea-kosodate:20180810070426j:plain

こんにちは、creaです。

元夫は、自己管理が苦手な人です。

食事も、好きなものを好きな量だけ食べてしまいます。

明らかに間違った食生活でも、本人は正しいと思い込んでいます。

 

ある日、夫の先輩のお宅にお呼ばれした事がありました。

職場でも夫の行動や発言に疑問を持たれており、私達家族を心配して呼んで下さったのでした。

それほど、夫に対し不安を持たれていたのだと思います。

 

その時にこうおっしゃったんです。

「間違ったことを正しいと思い込んで行動してしまうから、普段からおかしいと思ったら言ってあげてね。」

家庭だけじゃなく、職場でもそうなんですね。。。

 

それでも、少し風変わりな食生活は私の力では変えることはできませんでした。 

  

おからダイエット事件

ある日のことです。

健康診断の結果が悪かった夫は、いきなりこう宣言しました。

 

「クレアさんの作る料理のせいで太ってしまったよ。今日からおからダイエットをする!」

 

・・・ちなみに、私は健康を考えて普通の料理を作っていますし、私も子供も健康的な体形です。

太っているのは夫だけなのです。

 

そうは言っても、ダイエットをするというのですから、まあいいことですよね。

しばらく見守ることにしました。

 

<おからダイエットの内容>

・ご飯(白米)4杯

・おから1パック

・納豆3パック

 

つまり、私が作るおかずを抜いたダイエットでした。

 

私のおかずが悪いと思い込んでいる為、こうなったのでしょう。

でも、どう考えても、ご飯4杯も食べて痩せる訳がないのです!!

一般的にちょっと調べれば・・・いえ調べなくても気づくはずです。

 

でも、思い込んでしまっているので、もはや止めることができません。

 

コンビニでおやつまで買ってきた

f:id:crea-kosodate:20180723213122j:plain

しかも、夜です。。。

ダイエットで一番食べてはいけない時間帯です。

 

<買ってきたもの>

・アイス(業務用特大サイズ)

・せんべい2袋

・チョコレート

 

これを一晩で食べきってしまいました。

 

しかも、布団に寝っ転がりながら、です。

もはや直視するのも辛くなり、「それでは絶対に痩せないよ」と伝えたのですが、聞く耳を持ちません。

私の作る食事さえ食べなければ痩せると、思い込んでいるようです。

 

離婚後はお弁当生活

f:id:crea-kosodate:20180830062516j:plain

離婚後はどうしているのかというと、毎日お弁当なのだそうです。

お弁当でも、できるだけ添加物の入っていないものでカロリーが少ないものを選べばいいと思うんですが、毎日トンカツ弁当を食べているようです。

 

・・・そう。夫は、毎日同じものを食べ続けてしまうんですよね。

月に2回くらいは会うので体形のチェックをするのですが、やはり脂肪がすごくて明らかに太ってきています。

 

「俺は栄養状態が悪いんだ、毎日トンカツ弁当だから。」って言うんですよね。

・・・なぜ同じお弁当を食べ続けるんでしょうね。

しかも、揚げ物って。。。

鮭弁当とか野菜弁当とか、豊富に色々ありますよね(笑

 

子供の父親には長生きして欲しい

f:id:crea-kosodate:20180830062349j:plain

離婚はしているものの・・・、情はありますよね。

そして大切な子供のパパです。

できることなら、長生きしていただきたい。

 

もっと運動をした方がいいし、もっと食生活を気を付けた方がいい。

でも、どこまで口を出して良いものか、悩みますね。。。

夫も、元妻にごちゃごちゃ言われるのは嫌でしょうし。

 

かといって、黙って見ていると、あっという間にお空に旅立ってしまいそうです。

人事をしていると、従業員さんがいきなり倒れる現場を目にすることが多いんです。

その後完全復活をされる方もあれば、そのまま・・・というケースもあります。

 

大抵、何かしら健康診断で引っかかっている方が多いですね。

だからこそ、「特定保健指導を受けて下さいね」と言っているのですが、夫と同じで自分の考えを曲げない方も多いんです。

 

www.crea02.com

 

世の中には、自己管理をきっちりできる人とできない人がいます。

できない人は、せめて奥さんを大切にして、自分の管理をしてもらった方がいいんですよね。

一人になったところで、結局は何もできない。

 

夫は離婚をして一人になって、そのことに気づいたようですよ。